東金市の中古住宅無料査定

千葉県全域の中古住宅の主張無料査定と買取をする会社です

TEL. 0475-50-1866

〒283-0005 千葉県東金市田間1291-6

東金市 山武市 八街市の中古住宅無料査定と買取

不動産は「財産」という考え方はもう古い!「負の不動産=負動産」時代が目の前に来ています。A新聞ではいち早く負動産に取り組みだしています。あなたの不動産が「負動産」にならないように、私共は全力でお手伝いさせていただきます。

このHPでは、取扱物件を掲載しておりません。無料査定のご案内が中心です。当社取扱い物件情報はこちらでご案内しております。お気軽にお立ち寄りください。

TOPICS

  • 不動産の価値が変わりつつある現在、様々な理由でお手持ちの不動産を処分しようとしている方は決して少なくは有りません。
    お手持ちの不動産を処分するに至った様々なわけは千差万別です。
    こちらでは売却に至った理由をご紹介しています。
  • では不動産を処分しようとするとき、あなたなら何から行動開始しますか?
    baikyakunosoudan
  • この家は幾らで売れるのだろうか?ですね。
    普段私たちは、自分の家や周りの家が幾らするかなど考えて生活しているわけではありません。やはり、専門家に聞いてみるのが一番確実です
    gyousya1
    不動産屋に聞いてみたい....でも、なんとなく聞きにくい。
  • そんな時、大多数の方がチエックするのは
    「あなたの家は今幾ら?」
    「少しでも高く売るには」
    「わずか〇〇秒で価格が分かる」

    等の不動産査定サイトではないでしょうか。
  • ここまでは当然の進み方です。でも、ここからが問題なのです。
    では「住宅査定」ってどのようにして出すのでしょうか?
  • 通常は
    業界の査定書作成マニュアル等に従って、対象物件の規模や築年数、周辺の売却事例、物件の所在する土地の用途や接する道路の広さや種類、路線価等を考慮して出すのが一般的です。
  • 簡単に書き出しましたが、これは大変な作業なのです。
  • まづ、
    築年数や規模を調べるには登記事項を取得しなければなりません。

  • 今は、不動産会社によってはネットで登記情報を簡単に見れますので、比較的楽なのですが、お客様によっては、正確な地番を忘れてしまっていることもあります。
    そうなると、お客様の物件である可能性のある周辺の物件を、片っ端から調べることになります。勿論1物件調べる度に費用が発生します。

    kijyousatei1
    例えば、お申込みいただいたお客様が、不動産の「枝番:○丁目〇番地の●●」をお忘れになった場合です。
    一見、番地までは分かるのだから簡単のように見えますが...実は私共が扱う地区では○丁目までは問題なしです。○番地のところで、1から万台の番地が有る場合があり、更に、枝番も1から万台まで往々にして存在するのです。
    例えば山武市本須賀○丁目○○○番地○○○○といった具合です。

    ですから、私共では出来る限り正確なご住所をお願いしています。

    勿論、会社によっては、該当する地番が無くとも、○丁目○番地が近ければ、その辺りの売却事例を調べて大まかな査定金額を提出してしまうのが多いようです。しかし、これでは、お客様の将来的な資金計画が大幅に狂ってしまうのです。


    当社の査定方法が、特別に他社と違うというわけでは有りませんが、少なくとも売却に踏み切ろうとしているお客様にお役に立てるよう、このような方法で査定書を作成しております。
  • 千葉県東金市の中古住宅無料査定はこちらから
  • 周辺の売却事例は、比較的簡単に分かります。更に、路線価も査定上大きなウエイトを占めます。ただ、私的にはちょっと問題ありと考えています。
    それはこちらからご覧ください。

    rosenkanohenka1

  • 同じ時期に建てられた物でも、土地の高低や風当り、道路の水はけの状態などで、外見上からも何十年も違った時期に建てられたように見えるものです。

    建物の外見上の痛みや劣化は住宅査定上、必要不可欠のものですが、実は、本当に大事なのは建物の内部の状態なのです。
    住宅売買で瑕疵担保責任の対象となるのは、殆どが建物内部にある欠陥なのです。
    雨漏り、シロアリ被害、建物の傾き、設備機器の不具合など枚挙にいとまがありません。
  • 詳しくはこちらからご案内します
    genchicyousa2

    接する道路の規模や接道長さ、道路の種類等は実際に現地に行かなければ分かりません。

    不動産業者には「告知義務」というものがあります。
    例えば、調査している間に知りえた、その建物や敷地内で起こった不幸な出来事を買主に説明しなければなりません。
    勿論、売主様が知っていて、聞かれないから敢えて話さなかった等は、その内容によっては告知義務違反となってしまいます。
    同様に、対象物件の隣接地の所有者ともめ事が起こっていることなど、知りえた以上は買主に告知しなければなりません

    このように、少しでも、実情に合った査定価格を出すには、現地調査が必要不可欠なのです。
    genchicyousa
  • お分かりでしょうか。
    今はまだ売却時期ではなくても、いずれは売却するのでしたら、

    「わずか〇〇秒で価格が分かる」わけが無いのです。
  • こんな形で複数社から出された価格は、現地調査は行っていません。行う時間が無いのです。ですから、出てきた価格は差ほど開きが無い範囲で収まっています。
    出てきた査定金額の中で、一番高値を付けた業者に売却依頼する...分かるような気はしますがどうなのでしょう。
    裏を返せば、業者としてもその傾向を知っていますから、当然他社よりも高い金額を提示してきます。売れるに越したことは有りませんが、売れても売れなくても構わないのです。あわよくばお客様が付く(...)
    要するに、自社のホームページが賑やかになればいいのです。
    一般的には、
    たくさん物件が載っていれば、凄い会社だと思ってくれるからです。

    「少しでも高く売るには」ではなく、最低の手取りを確保するためにはどうしたらよいか(言い換えるなら、最悪の場合の手取りは幾らになるかを考える方が良いのです。
  • 東金市 八街市 山武市 旭市の中古住宅無料査定
  • 「あなたの家は今幾ら?」
    では、現実的に当社の経験をもとにご説明していきます。
    仮に500万円位で売れると思っている物件の査定が、200万円以下だったとしたらあなたはどうしますか?
  • 実際に有ったことです。
    お客様の同じ町内の家が(築年数.土地の広さ.建物の大きさ)など殆ど同じで500万円で売買された事実がある為、ご自分の家も、ほぼこれと同等価格で売れるものと考えていました。
    当社にある売却サイトを経由して、このお客様の査定依頼が来ました。
    サイト経由の場合、査定書作成依頼は複数社に届きます。当社の他2社に依頼されました。
    当社では、現地確認の上、査定書を作成し、且、建物内部の状況で査定金額が変わる可能性がある旨記載して1週間後に査定書を郵送しました。
    その際の査定金額は
    420万円です。 他1社は即日回答があって520万円、1社は提出無しでした。
  • これに対して、お客様から「○月○日なら都合が良いので、建物の中を見てほしい」と連絡を頂きました。
  • 建物内部のチエックの結果、部分的な雨漏り跡(ご本人も知っていて、今は漏っていない)、シロアリの可能性大(床がブカついている)(柱部分の打診音)、浴室タイル等の亀裂、タバコ等によるクロス汚れ等有、給排水に関して単独浄化槽でした。合併浄化槽ではありません。こうした状態で売却するには、手取り金額は200万円前後となる可能性を伝えました。
    これだけ、ご自分の希望と違うとやはり、高く査定書を出してきた会社に任せてみようかなとなりますね。
    勿論、そうなることは承知の上で査定しています。
    結局、お客様の言い値では売れないわけですから、迎合して取り扱ってもお互いに何の得もありません。
  • このお客様は、最初に別な業者に売却委任されましたが、約1年経過後、当社の査定で良いので売却したいと、当社に帰ってこられました。高い査定金額を出した会社では売れなかったのですね。
    予定通り、短期間で売却致しました。
  • このように、住宅(不動産)の査定サイトは売却をお考えの上では、大変便利なものですが
    「〇〇秒で価格が分かったり」「少しでも高い価格を出してくれた会社が良かったり」「複数社が出した査定が似たようなものだからその価格で間違いないと思ったり」

    することは無いのです。
    良く
    「机上査定」という言葉も出てきます。
    ある程度、経験や周囲の売却事例を参考に、対象物件の査定価格を出すのですが、机上査定で出た売却金額通りに取引が成立するのは、今までのご説明の通り稀であると言えます。
    ご自宅訪問しての現地査定を行い、査定書を提出したが取扱いが出来なかった。他社に行った場合でも、お客さまの情報が漏れることは一切ありません。

    また、一般的には売却希望者は複数の会社に扱ってもらえば、それだけ効果が上がるとお考えのようです。
    確かに一理ありますが、現在ではその方法は逆効果になってくることも有るのです。

    その説明はこちらから。
  • 私共は、お客様の売却事情に併せて出来る限りのご協力をさせて頂きます。
    査定書を作成するだけではなく、仮に残債の為に売却が余儀なくなった場合や、遠方で管理が出来ない為の売却、買い替えの為の売却、早急に売却したいので買取希望など、あらゆる状況に併せてお手伝いさせていただきます。
    当然、この間に費用等が発生(建物内の残置物撤去.清掃.屋外の除草作業)しますが、これらは売買の成立.不成立に関わらず一切請求致しません。
    jyuutakusatei2 jyuutakusatei1 zassoukujyo
  • 全力でお客様のご希望に沿って取引を成功させることが、私共の唯一の収入源であると心得ます。
  • 貴重な財産です。このような事情で売却することにしましたを特集してあります。
    参考にしてください。
  • 時々、建物を壊して「更地」にして売ろうかと思うというご相談が入ります。
    お客様の考え方ですから、それでも良いのですが、
    解体に取り掛かる前にこちらをご覧ください。
    tatemono-kaitaikaitaisagyou
  • 東金市の中古住宅無料査定と高価買取
  • 当社では不動産の買い取り.無料査定を下記のサイトでも行っています。お気軽にご覧ください。

      kenyo.biz
    建洋ホームページの総合案内

      ホームズ
     
    無料査定サイト
     不動産の総合サイト


    空き家対策のH
    P

NEWS中古住宅の無料査定

2017年8月吉日
当社の査定書は「不動産の鑑定評価の関する法律」に基づく鑑定評価書では有りません。当社が培ってきた査定方法に基づいたものです。

バナースペース

株式会社建洋

〒283-0005
千葉県東金市田間1291-6

TEL 0475-50-1866
FAX 0475-50-1867


明らかに現実化してきた
負の不動産=負動産

一部の地区ではバブル期の再来というほど、不動産の価値が上がり、一部の地区(地方の大多数)では、いくら安くしても売れない!
バブル期の再来も東京オリンピックまでという囁きも流れる等、いま、不動産の価値はどうなっているのでしょう。

でも、今もこの先も、見方や考え方を変えれば、貴重な財産であることには違いないのです。

私共では、皆様の貴重な不動産の無料査定と同時に、一番良い活用(売却を含めた)方法を共に考えていきます。

kashitanpo-.htmlへのリンク